logicoolのワイヤレスキーボードK270を評価・レビュー

こんにちは!

パソコンでゲームをし過ぎて、Aキーを陥没させてしまったナースの長田(@nursenonagata)です。

今回は2000円以下で買えてしまう、LogicoolのワイヤレスキーボードK270を使ってみて、評価・レビューしていきますよーん。

キーボードで迷ったら、ロジクールのK270を買えば間違いない!

LogicoolワイヤレスキーボードK270の概要

壊れにくいと好評のLogicoolから出ている、格安ワイヤレスキーボード。

しかも音量の上げ下げ・ミュート専用のキーがあるので、パソコンで音楽を聴くときに超便利。

電池持ちが最大2年間とタフなたところもありがたいところ。

おまけに防水設計という最強っぷりですよ…

キーボード選びで困ったら、LogicoolのK270を買っておけば困ることはありません。

ナースの長田
2000円以下のキーボードなのに、Logicool社の3年間無償保証付きですよ?!

性能・スペック

Logicoolワイヤレスキーボード(K270)
価格1980円(アマゾンにて、2017/11/27現在)
商品重量472 g
大きさ(幅×高さ)15.5 x 18 mm
接続USBポート
キーレイアウトフルサイズレイアウト+テンキー
耐水性最大60mlの液大量の試験条件にパス

パッケージ内容

梱包品は4点

  1. キーボード本体
  2. USBレシーバー
  3. 説明書
  4. 保証書

USBレシーバーは、さりげなーく箱に突き刺さっているので、いっしょに捨ててしまわないように注意。

わたしは捨てそうになりました…

裏側は白色とおしゃれ。

キーボードK270を評価・レビュー

一言でいうと「欠点なしのコスパ最強キーボード」

キーボードオタクでない限り、ロジクールK270をおすすめしますね。

キーボード選びで迷っているあなたは、このキーボードを買ってください!

ワンタッチキーが便利過ぎる

ワンタッチキーとは、キーボードの上にある再生ボタンや、音量の調整ボタンのことです。

ワンタッチキーを使うことで、パソコンの電源や音量を調節できるので、むっちゃ便利なんですよ~

とくにわたしはYoutubeで音楽を聴いているので、音量調整をけっこうします。

音のボリューム調整って、画面上でするとけっこうめんどうなんですよねえ…

ワンタッチキーを使うと、ポチっと1回押すだけでOK

ナースの長田
ワンタッチキーのおかげで、音楽を聴くのがたのしみになりました!

電池持ちが良好

電池持ちってそこまで意識していなかったのですが、けっこう持ちます。

商品説明では最大2年間とかかれていますが、私の場合は1年とちょっとでした。

  • 電池がないから買いに行かないと…
  • 電池が切れたのか、故障したのかわからない

電池持ちがいいことで、このように悩む必要がありません。

電池交換ってけっこう面倒ですし…

耐久性+3年保証で安心できる

Logicool社も耐久性を謳っていて、耐久テスト(500万回のキーストロークテスト)をしています。

おそらく普通の人では、500万回もおなじキーを打ちませんよ…

いままで使っていて、故障したことがありません。

しかも1980円なのにもかかわらず、3年間の保証がついてるんですよ?

Logicoolさんが赤字経営にならないのか心配するレベル…

ナースの長田
Logicoolさんには頭が上がりません…

キーボードK270 まとめ

シンプルイズベスト!

キーボードとしての性能はもちろんですが、ワンタッチキーで操作性もバツグンですね。

耐久性も優れており、3年保証も付いているので安心感がハンパないですよ?

このキーボード(K270)はアマゾンにて1980円でしたが、3980円だったとしてもわたしは買います。

ワイヤレスキーボードで迷ったらこれで決まりですよ!