【大学受験】看護師は入学後、理系・文系どちらでも大差がない事実

看護師になりたい!しかし、文系を選択してしまっていた…。

  • 「看護師になりたいのだけど、文系だとなれない?」
  • 「数学や化学ができないと、講義についていけない?」
  • 「看護師になったら、理系・文系で差がつくの?」

そんな不安を抱えている高校生、いませんか?

わたしは看護学科の大学を卒業しました。

現在は訪問看護師として働いています。看護師として働いていて、ふと思ったんですよ。

看護学科に入学したら、文系・理系なんて関係ないってね!

文系は看護学科を受験するときのみ不利

「おいおい。文系か理系か、なんて関係なかったんじゃないのかよ!」と突っ込みたくなる学生さんもいることでしょう。

受験の時は文系の学生さんよりも、理系の学生さんが有利なのは、まぎれもない事実です。

どうして文系の学生さんが不利になるのかというと、大部分の看護学科の受験科目が、理系に有利となっているからです。

だいたいの看護学科は、化学や物理、数学の配点が高いんです。

医学的な知識や身体の動き方って、元をたどっていけば生化学や物理の知識が必要ですよね?

このことを考えると、理系の学生さんが有利となってしまうのは仕方ありませんね…

ただし、文系でも受験できる大学や専門学校はたくさんあるので、安心してください。

ナースの長田
文系でも看護師になれるから、安心してください!

文系でも入れる看護学科を探せばいいだけ

「やっぱり文系では、看護学科に行けないのかな…。」と不安に思っているあなた。

文系だろうが、理系だろうが、有利・不利がない大学を探せばいいんです。

ある県立大学の話です。

センター試験の科目、英語と国語、日本史、生物Iで受験できます。この条件でしたら、文系の方でも受験できますよね?

文系でも受験できる看護学科を、ネットで探してみましょう!

ナースの長田
文系が不利になるのは、受験のときだけだよ~。

看護学科の講義は文系の学生でも大丈夫

「がんばって看護学科に合格したとしても、文系だと講義についていけなくなるのでは…?」と不安になる学生さんもいるはず。

でも大丈夫。安心してください。

ほとんどの講義が、数学や化学の知識を必要としません。

つまり、文系出身の学生さんたちは、看護学科に入学さえしてしまえば勝ちってことです。

看護学科の生化学

わたしが大学生のとき。

「数学や化学の知識を使った講義って、どんな講義があっただろか…」と考えてたら、1つ思い出しました。

大学1年生のときに受けていた、”生化学”という講義のみ

生化学の講義だけですね。

その生化学の講義に出てくる知識は、看護師国家試験で出題されません。

看護師国家試験の勉強をするときに、文系だと不利になることは一切ないのでご安心を。

生化学  生き物に関係する化学のこと。例えば、代謝とかホルモンとか。

ちなみにですが、生化学のテストは超簡単でしたよ~。

先生が「このプリントから出しまーす」と、片面印刷されたA4用紙を渡してくれましたからね。

大学に入ってしまうと、理系とか文系とかまったく意識しないですよ。

看護学科のテストは難しい科目もありますが、3日間ぐらい勉強すれば余裕なものばかり。

大学の講義で、文系であることにデメリットはありませんよ。

ナースの長田
大学生活で理系・文系っていうワード、1度も使ったことありませんよ。

そもそも看護専門学校は…

わたしの知り合いに専門学校の学生がいます。彼女は看護学科に、「社会人枠」から合格しました。

試験内容は小論文と面接のみ

彼女はセンター試験すら受けたことがありません。専門学校に合格するまで、フリーターとして働いていたんですよ?

彼女は現在2年生。

18歳で専門学校に合格した現役生と一緒に、置いて行かれることなく勉強できています。

入学後、文系・理系で差が生まれることはナシ!

ナースの長田
センター試験?ナニソレ、美味しいの?って人でも大丈夫。看護師=頭イイ、は間違いだからね。

看護師は文系の学生でもなれる

ナースマンとなり、数学や化学の知識を使うシーンがあるのだろうか。看護師1年目のころを思い出してみました。

結論

算数さえできればOK

点滴の速度を計算できればいい

「このクスリは化学式がこうだから…。」なーんて科学者みたいな知識、使いません。

ナースとして理系の知識が必要なシーン。

それは”点滴の速度を計算する”という、数学レベルの知識でした。割り算と掛け算ができればOK。

わたしはスマホの電卓で計算していますが。(笑)

ナースの長田
500÷100=5!(ドヤッ)

看護師に必要な計算問題

500mlの点滴を6時間で終わるには、何秒に一滴落とす必要がありますか?

看護師になったときに、この問題がわからなかったら相当ヤバいですよ点滴の速度を間違えることで、「患者さんの命を奪う危険性」があります。

医療事故にならないためにも、看護師用の計算ドリルで練習をしましょう。

「小学4年生の教科書かっ!」というレベルでわかりやすい説明。国家試験に出てくる計算問題の練習としても大活躍します。

看護師として働き始めたら、かならず必要な知識なので、今のうちに勉強してマスターできるといいですね!

「看護学生が知ってトクする情報」をツイッターでつぶやいています!

在宅看護・実習や勉強の攻略方法をツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です