ブラックコーヒーがまずくて飲めないあなた!私が克服した方法を教えます!

こんにちは!

1か月前まで、コーヒーにガムシロップ2個を入れていたナースの長田(@nursenonagata)です。

わたしは最強の甘党。

「ブラックコーヒーなんてマズいし飲めるわけねえだろうがっ!」という反ブラックコーヒー派だったのですが、つい最近ブラックコーヒー派に寝返りました…!

わたしの克服方法はずばり、”甘いものと一緒に飲む方法”だああああ

ブラックコーヒーがまずくて飲めない

「ばかやろー、ブラックなんて苦すぎて飲めないだろーがっ」という方も多いですよねえ~

わたしもその一人でした。

しかもわたしは甘党なので、ブラックコーヒーを一生飲むことなく死んでいくのだろうと悟っていましたね…

「苦いのが美味しいんだよ~」といっている友だちがいるとかならず、心の中で「嘘つけええええええ」ってツッコミを入れてました。

苦いのが美味しい?

はい、絶対ウソだね、おつかれ~い!!

「ブラックしか飲めないんだよね~」とかいってるやつは、カッコつけてるだけだろって思ってました。

とにかくブラックコーヒーは、苦くて飲めない!

ナースの長田
あああ

ブラックで飲めるとかっこいいよね

コーヒーをブラックで飲める=大人の仲間入り、みたいな風潮がありませんか?

スーツ姿のビジネスマンが、喫茶店でブラックコーヒーを飲んでいると、「大人の男性だあ~かっこいい…」と憧れちゃいますよねえ…!

高校生の時はブラックコーヒーが飲めるようになったら、大人の仲間入りだと信じてましたからね。

わたしが実際に飲めるようになったのは、看護師として働き始めた25歳なのですが。

「苦くてまずいから、ブラックコーヒーは飲めない!」という正直な思いもありながら、反対に「ブラックコーヒーを飲めるようになりたい…」という思いがありますよね~

ブラックコーヒーを飲める大人は、総じてかっこいい!

なぜブラックが美味しいのか

「ブラックが美味しい意味が分からん」って思っているそこのあなた。

なぜブラックが美味しいのか考えたことはありますか?

あきらめないでください!

ブラックコーヒーが美味しいのには、理由があるんです。

なぜブラックコーヒーしか飲めないのか

わたしたちと真逆の人間である、”ブラックしか飲めない人たち”っているんですよねえ~。

コーヒー好きの方はほとんどブラックしか飲みません。

ブラックコーヒーしか飲まない方たちに、「なぜブラックしか飲まないんですか?」と聞いてみたことがあります。

  • 甘いのが好きじゃない
  • 香りが半減する
  • 砂糖を入れると太るから

甘いものが好きじゃなかったり、ダイエット中であったり…

ブラックしか飲まない理由でいちばん多かったのが、”香りが半減する”からです。

砂糖、クリームで香りが半減する

いつも砂糖とクリームを入れてコーヒーを飲んでいる時は分からなかったのですが、砂糖やクリームを入れると、コーヒー自体の香りが半減しちゃうんです。

コーヒーの美味しさは香りで決まります。

入れるとしても少量の砂糖だけにしないと、すぐに香りがなくなってしまうんですよ…

ブラックコーヒーを飲むときは是非、「苦み」だけでなく「香り」を意識してみてください。

ナースの長田
美味しいコーヒーって香りが全然ちがう!

甘いものと相性がいい

ブラックコーヒーをそのまま飲むこと自体が間違いですよ~

わたしもブラックコーヒーのまま飲んで、「やっぱりマズい」と撃沈していました…

ブラックコーヒーには甘いものが必須です。

  • 甘ったるいショートケーキ
  • ミスタードーナッツ
  • アイスクリーム

口に残るぐらいの甘ったるさのある甘いものって、ブラックコーヒーと相性バツグン!

私的には甘ければ甘いほど、ブラックとの相性が高まります。

ブラックコーヒー単体で飲むのではなく、「甘いもの+ブラックコーヒー」のセットであることをお忘れなく。

ブラックコーヒーの克服方法

「じゃブラックコーヒーを飲めるようになるには、一体どうすればいいんだよおおおお」と悩みますよねえ~

わたしが実際にブラックコーヒーを飲めるようになった方法を紹介します。

わたしはこうしてブラックコーヒーを飲めるようになったぞ!

まずは薄いアメリカンコーヒーから

ブラックコーヒーが飲めない方は”苦み”が苦手ですよね?

苦みを薄めるためにも、薄いコーヒーであるアメリカンコーヒーを飲むようにしましょう。

普通のコーヒーですと「苦いいいいい!!」ってなるところを、アメリカンコーヒーを飲むことで「苦い…」というレベルまで軽減することができます。

ちなみにですが、エスプレッソは超高濃度で苦すぎるので注意ですよ。

エスプレッソが飲めるとかっこいいのですが、ブラックコーヒーを飲めないと即死します。

なるべく薄いコーヒーから挑戦しよう!

ナースの長田
自宅で薄めのコーヒーを淹れてみよう

美味しいコーヒーを飲もう

食べ物・飲み物を克服する方法としてかなり王道ですが、マズいコーヒーよりも、美味しいコーヒーで練習したほうがすぐに飲めるようになります。

一番やってはいけないのが、マズいインスタントコーヒーを飲むこと。

ブラックを飲めるようになったとしても、マズいものはマズいですからね…

おすすめは「キーコーヒー」

カフェでも使われていることで有名なキーコーヒーですが、アマゾンにて安く買うことができます。

特に下のバラエティパックは、味の好みを知るのにも最適!

ブラックコーヒー嫌いのあなたは、このキーコーヒーを飲み終える頃には、ブラックコーヒーに目覚めていることでしょう。

甘いものと一緒に飲む

コーヒー牛乳並みに甘くしてコーヒーを飲んでいたわたしが、ブラックコーヒーに目覚めた瞬間は、甘いものと一緒に飲んだときです。

いつもはシュガースティックを1本いれるのですが、そのときは面倒だったのでブラックで飲んでみたんです。

そしてコーヒーのお供にあまーい苺のショートケーキ。

ケーキを一口食べた後、ケーキを流し込むようにブラックコーヒーを飲んだ瞬間おもいましたね…

「むっちゃ甘いものと相性良すぎじゃね?」と(笑)

それ以来、甘いものを食べるときにはかならず、ブラックコーヒーを飲むようになりましたからね。

ブラックコーヒーは甘いものを食べた後に、飲んでみましょう。

世界が変わります。

薄いコーヒーを甘いものと一緒に飲もう

わたしはすっかりブラックコーヒーの魅力に目覚めてしまいました…

この記事を書いている今も、マクドナルドにて三角チョコパイとブラックコーヒーを楽しんでます。

ブラックコーヒーを飲めるようになるには、甘いものと一緒にブラックコーヒーを飲むことで、「ブラックコーヒーって甘いものとコンビなんだ…」と自覚するのが一番の近道ですよ!

おすすめは「キーコーヒー」

とても飲みやすいですし、普通にコーヒーとして美味しいんです。

ぜひキーコーヒーを楽しみながら、ブラックコーヒーを克服しましょう。