【悩み】忙しい上司はイライラして、話しかけにくい問題!その対処法

看護師「ナニ?!今忙しいんだけど?」

オレ「ひぃー。ごめんなさいい。」

看護師になって1年目。まだまだ分からないことだらけ。疑問は山のようにでてきますよね。しかし、まわりの先輩看護師たちは大忙し。

聞かなきゃいけないことがあるんだけど、上司が忙し過ぎて、話しかけられない…。

忙しい上司はイライラ・ピリピリ

職場の忙しさに比例して、職場の雰囲気も悪くなります。忙しい→余裕がない→ストレス→イライラ。看護師の世界だけでなく、どの仕事でもあることですよね。

オレが何かしましたか、と不安になるぐらい、コワい顔をした先輩の看護師。

上司がイライラした態度だと、次に話しかけるとき、躊躇しちゃいますよね…。私は声を震わせながら「あのー・・・。」って、忙しい上司にはおびえながら声を掛けます。

だって何もしていないのに怒られるんだもの。

悪口が止まらない上司

イライラしている上司は、ちょっとでも気にくわないことがあると、わたしたち新人にグチグチと言ってきます。

  • 「〇〇さん、何考えてるのかな?」
  • 「あの人、アタマおかしいよね。」
  • 「あそこの部署の人、仕事遅い。」
  • 「私らに仕事振るなっつうの。」

上司がいう悪口には、否定も肯定もしてはいけません。悪口に共感してしまうと、敵を作りかねませんので、新人はぜひとも避けたいところ。

「へぇーそうなんですね。」と軽く返事するぐらいにしましょうね。

ナースの長田
いろんな人の悪口を言うってことは、オレの悪口ももれなく言ってるよね。

忙しすぎて、行方不明な上司

忙しすぎな上司。さっきすれ違ったと思い、まわりを探してみるが、すでにいない。

忙しい上司(生息地 不明)

ポケモンでいう、エンティ・スイクン・ライコウ的な存在。近くにいる!とおもったら、10秒後にはどこかへ。レアポケモンみたいに、会うことさえ難しい上司、いますよね?

ナースの長田
忙しい上司にはぜひ、GPS機能を付けて欲しいね。

忙しい上司からの被害

忙しい上司といっしょに仕事をしていると、かなりの確率でトラブルが発生するんです。マジで勘弁してほしい…。

新人にとって、イライラした上司とのトラブルは不可避。なぜなら、分からないときは忙しい上司に質問しなければいけないからです。

私が悪い雰囲気になる

利用者(患者)さんの体温や血圧を書くための紙がありました。忙しい上司はイライラしてます。

そんな上司に「あのー、ここはどう書けばいいですか?」なんて質問すると、「前回の紙を見て!」とイライラした様子で言われます。

あたかも私が前回の紙を見ず、てきとーに質問してきたような雰囲気に。こうなると2回目の質問をする空気ではありません。

こうして書き方を分からないまま、ナースの長田は放置されるのでした…。

ナースの長田
前回の紙を見ても、分からないから、質問してるんですけど…。

お願いしても断られる

新人看護師はできないことだらけ、ですよね。できるとしたら体温・脈・血圧・Spo2を測ることぐらい。

ナースの長田
大学を卒業して働き始めた4月。血圧ですら、うまく測れませんでした…。

ナースコールが鳴っているので、利用者(患者)さんの元へ。私が駆けつけると、トイレがしたいと90歳の女性の方がベッドの上で訴えていました。

しかし、どのように私がお手伝いをすればいいのかわかりません。先輩の看護師さんに聞きに行くことに。先輩の看護師さんはとても忙しそう。

「こういうときどうすればいいですか?一緒にお願いします。」と伝えます。すると先輩看護師から「ふつうにベッドから車イスに移ればいいよ。それぐらいできるよね?」と言われました…。

普通ってなんだよ。しかも、手伝ってはくれないんだね…。

ナースの長田
看護師1年目の不安感は異常。

イライラ上司の対処法

忙しい上司をいかにイライラさせないか、がポイント。忙しいからって、わたしたち新人に八つ当たりされるのは避けたいところ。

私が1年目の新人看護師のときにしていた、イライラ上司の対処方法は4つ

1.忙しくない昼休みに話しかける

忙しい上司でも、お昼休みはありますよね。お昼休みはリラックスできる時間です。

ビジネスの話を食事をしながらしているシーン、映画でよく見かけませんか?食事をしながら大事な話をすることは、とても理にかなっているんです。

食事をすることでリラックス効果が得られ、ビジネスの話を上手くまとめられます。つまり、お昼休みが話しかける、絶好のタイミングなんです!

ナースの長田
お願い事はリラックスしている、食事の時にするといいかもね。

2.付箋で伝える

ナースの長田
あー。マジで直接いいたくない。

イライラしている上司と、どうしても直接話したくない時は付箋の出番だ!ただし、大したことのない内容に限る。

  • 今日中に伝えなければいけないこと
  • 絶対に伝えなきゃいけない大切なこと

この2つは付箋ではなく、直接話したほうがいいですよ。「付箋?ナニソレ。」と上司に言われてしまうと、自分の責任になるから注意。

3.あらかじめ、伝えることをまとめておく

私が看護師1年目の時に犯したミスとして、伝えるべきことをまとめていなかった、という残念な失敗があります。

訪問先の利用者(患者)さんについて、先輩看護師に報告しようと、話しかけた時のことです。

ナースの長田
あ、あの。〇〇さんについてですが、お尻がけっこう赤くなっていて…。あと…。
先輩看護師
それで?言いたいことはそれだけ?
ナースの長田
ひいぃぃ~!

スミマセン…。

鬼みたいな顔つきで、先輩看護師さんに睨まれちゃいました…。忙しい人に話しかけるとき。言うべきことをメモしといたほうがいいです。

挙動不審になったとしても、伝えたいことをメモをしてることで、相手への誠意は伝わりますよね。

最後に

わたしは2017年現在、ナースマン歴2年目になりました。残念な上司の方を見てきて、心に誓ったことがあります。

新しく会社に入ってきた新人に、気遣いができるような、素敵な看護師になろう、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です