大人への憧れである万年筆、社長に貰ったけど文字すら書けなかった話

さっきまで私は万年筆のことを「まんねんしつ」と呼んでいました♪正しくは「まんねんひつ」なんですね。そりゃパソコンで「まんねんしつ」と打っても、正しく変換されないわけだ。

万年筆を右手に1度も持ったことのない私は万年筆で文字すら書けませんでした…。

 

万年筆、使ったことない人。

私みたいに、文字すら書けないですよ?

万年筆=カッコいい

万年筆を使っている人って、カッコいいイメージありません?私のイメージでは年収2000万円以上稼いでいるビジネスマン。オーダーメイドの藍色のスーツを着た紳士的な男性を想像します。

万年筆って男の憧れでもあるんです。

リッツカールトンホテルの受付を済ませるとき、さりげなく胸ポケットから取り出したい万年筆。そんな大人の筆記用具というイメージでした。

万年筆の値段ってボールペンの10倍ぐらいしますよね?ボールペンみたいに200円とかじゃ買えないんです。

1本100円のボールペンを買うために最安値をパソコンで必死になって調べる私。万年筆はとても買える筆記用具ではありません。

万年筆とは無縁の生活を送っていました。

私、万年筆を貰う

私が勤めている会社の社長から、万年筆を貰うことになりました。貰うことになった経緯は私の字が汚い、という社長との話から始まります。

何を隠そう私、字が自分で読めないぐらい汚いんです!

自分で書いた文字が読めない。高校や大学の時、ノートをとっても読み返せないので、ノートを書くことを諦めます。だって時間とインクのムダなんだもの…。

 

そんな話を聞いた社長は…

うちの社長
長田!オレの万年筆をやる!

これで書いて練習しろ!

ナースの長田
え、あ、ありがとうございます!

万年筆を使えば文字がキレイになるのかは疑問ですが…。社長が本当に使っていた万年筆らしく、小さなキズがありました。

新人社員の私に愛用していた万年筆をプレゼント。

親分肌な社長なんです。

ちなみに社長に貰った万年筆がこちら。

シルバーとゴールドの2色という、渋いデザインです。

開けるのに大苦戦

会社の朝礼を終わった後に万年筆を貰いました。せっかくもらったので書いてみようかなと、フタを開けようとすると…

あれ…。

フタが…。

開かないんだけど…。

赤丸の部分を指の皮がめくれるんじゃないか、というぐらいの力で回しました。全くびくともしないんです。

この万年筆壊れてるわ…。

壊れてると思い、2日間ぐらい放置。

 

ヒマな時間にもう一度開けるのをトライします。

やっぱり開かない。完全に壊れてる…。

社長が不良品をプレゼントだと…。いや、そんなはずがない!そう思い色んなところを回しまくります。引っ張ってもみましたよ。

やっとフタが開きました!

でもインクの部分が開きました…。でもインクの部分が見えて、ようやくアホな私はあることに気が付きます。

開けるところ反対じゃん。

やった!開いた!

万年筆のフタを開けるのに2日間も掛かってしまいました。(笑)万年筆でとりあえず試し書きを試みます。

上手く書けない

「ナースの長田」と…

インクが出ないだと…。

1回目のナースの長田はインクが出ずカッスカスに。(笑)名前を書くごとにインクが出やすい書き方が分かってきます。

7回目でしっかりとインクが出るようになりました!(キレイには書けない)

 

グーグルで検索をしてみると万年筆は、傾けて書くことがコツであり、インクがしっかりと出るらしい..。

なるほど。ボールペンってスゲェ!(本日の学び)

 

ボールペン(ジェットストリーム)の書きやすさを知ってしまった私。他のペンでは書けないことに気づきました。

ボールペンってスゲェ。

この日から社長からもらった万年筆は、自分のお部屋にある机の引き出しの中。いつか使うよ。いつかね。

p.s.

ジェットストリームの替え芯7本買いました。

まとめ

大人への憧れである万年筆。親分肌の社長からもらいました。しかし、上手く書く(開ける)ことが出来ないため挫折。

結果的にボールペンはスゲェってことが分かりました。やっぱりボールペンはジェットストリームだね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です