訪問看護師にオススメの訪問バッグを紹介!

訪問看護おすすめバッグのタイトルイメージ

しっかりとした訪問バッグが欲しい!

訪問看護師としての必須アイテである、訪問バッグ。

どれを選べばいいのか、迷いますよね?

わたしは新卒で訪問看護師をして3年目になりますが、ちょくちょく訪問用バッグを変えてます(笑)

小さすぎると物が入りませんし、大きすぎるのも重たくて移動が大変ですからね…

そんな悩める訪問看護師さんのために、おすすめ訪問用バッグとバッグの選び方を紹介していきます!

訪問看護のバッグ選びのポイント

訪問看護師になりたての方は、どのようなバッグにすればいいのかわかりませんよねえ…

せっかく買った訪問用のバッグが使いづらかったら、ショック過ぎますし。

ということで、

私が実際に訪問看護をしていて、これだけは譲れない!という訪問バッグ選びのポイントを紹介します!

耐久性

お洒落なデザインのバッグで仕事をしたいところですが、毎日ガシガシ使うバッグです。

耐久性が無いとすぐにボロボロになっていまいます…

そこらへんに安売りされているバッグを買うと、穴が空いたりチャックが壊れてしまうので注意。

急いでいるときには少し乱暴に扱ってしまうバッグですので、耐久性は一番外せないポイントです!

物がたくさん入るバッグを

  • 聴診器
  • 体温計
  • ハンドタオル
  • 手袋
  • 看護記録用紙(電子タブレット)

などなど…

めっちゃたくさんのものを持ち運びます。

「絆創膏と、テープと、ハサミと、アルコール消毒液と…」とものを入れていくと、結構な量になるんですよ(笑)

物品って、あればあるほど安心できますし!

それに加えて、ごはんやドリンクも入れることをお忘れなく。

訪問に必要な物品+ペットボトルが入るぐらいのバッグを選びましょう!

訪問バッグにスクールバッグ最強説

いろんな訪問バッグを試してみましたが、なんだかんだ、シンプルなスクールバッグが一番しっくりきてます。

意外なチョイスじゃないですか?(笑)

シンプルイズベストというところでしょーか。

高校時代の甘酸っぱい青春を思い出しながら、訪問看護をできるので、けっこうおすすめです←

なんといっても安い

そこら辺のバッグを買うよりも、スクールバッグは安いですね。

スクールバッグとか、高校時代の淡い青春を思い出しますね。

じっさい高校時代はモテなかったので、まったく青春じゃなかったですが(笑)

もし破れたり、汚れたりしても「また買いなおそう」と開き直れますし、コスパ最強です。

置いても自立して立つ

バッグを床に置くと、クニャと倒れてしまうバッグってあんまりオススメできませんね。

見た目もよろしくないですし、物を取り出しにくくなりますからねえ…

スクールバッグは思いっきり立ってくれます(笑)

シワとかも気にする必要もありませんし、メンテナンスしなくていいスクールバッグは訪問バッグに最適です!

おすすめ訪問バッグを紹介

「けっきょくどんな訪問バッグがオススメなの?」と疑問に思っている方がいることでしょう。

こだわりがないのであれば、とりまスクールバッグ!

しっかりとしたバッグが欲しいのであれば、機能性に優れた訪問バッグを!

両手が空くリュックタイプ

たくさん荷物を持たなければいけない時も、両手が空くので超ラク!

訪問看護師1年目の時はずっとリュックを使ってました。

両手が空くので、飲み物を持ちながら移動したり、足浴バケツを持ちながら移動できたりするので、めっちゃ便利ですよ!

ただオシャレっぽくはなりませんが(笑)

リュックから、手で持つスクールバッグに変えてから、「あぁ…一々手でバッグを持つのがメンドーだな」って思いましたね…

一度リュックにすると、移動がラク過ぎるので、他のバッグへ浮気しにくくなります(笑)

なんで私はリュックを卒業したのか?

そのリュックは元カノからプレゼントされたものだったからです…

心中お察しください(笑)

機能性を重視する方は、リュック一択ですよ!

ナースの長田
全身清拭用のバケツとか持つときに両手が使えてラク!

安くてシンプルなスクールバッグ

「お前はどんだけスクールバッグをおすすめするんだよ!」と思っている方もいるかもしれません。

そうです、けっこうオススメです!

わたしの訪問看護ステーションでは、公式にスクールバッグが支給されています。

安いですし、物もたくさん入ります。

安いもので1500円程度で買えてしまうので、破れてもすぐに買い換えられますねえ。

コスパ最強!

とりま安く済ませたい方は、一度スクールバッグを使ってみてください♪

高い耐久性&物が入る訪問バッグ

訪問看護用のバッグです。

たくさんのポケットがあるので、緊急用に包帯やフィルムテームなどもしっかり収納できます。

処置物品をたくさん入れられると、いざという時に安心ですよね!

小さいバッグを持っていた時、皮膚を保護するためのフィルムテームを持っていなかったので、何も処置できなかったことがありました…

たくさん収納できるのはかなりありがたく、訪問したときの安心感も違います!

聴診器などはもちろん、500mlペットボトルも余裕で入っちゃいますからね。

ナイロン製で傷付きにくいですし、ガシガシ使えちゃいます。

しっかりしたものを長く使いたいという方は、ぜひ訪問専用のバッグを!

「バッグが汚れたりするのイヤだなあ」という方は、抗菌効果の訪問看護用バッグをおすすめします!

ポケットの数もたくさんありますし、なによりペットボトル用のポケットが入ることが最高。

ちょっと値段は高いですが、その分ガッチリとした生地ですし、抗菌効果があるので清潔に使い続けられます。

 

迷っている方は訪問専用バッグを買おう!

「うーん、やっぱりどれを選べばいいのか…」と迷っているそこのあなた!

ここは無難に訪問専用のバッグを購入しておきましょう。

わたしの周りのベテラン看護師さんたちは、そろって訪問専用バッグを使われています。

特に不自由もされていませんし、たくさん入るから便利!と何気に好評。

わたしも次のバッグは、訪問専用のバッグを買いますよん!

耐久性&収納性が揃った訪問専用バッグを手に入れて、安心して訪問先に出掛けましょう♪