手作りで無添加の化粧水は安く簡単に作れた!

皆さんはどんな化粧水を使っていますか?

男性の方は使わない人もいますよね。

私は女子力あるので絶対につけますが笑

 

私はもともと肌が弱い体質で

アトピーで皮膚科に通っていました。

市販の化粧水では私の肌に合うものがありません。

市販の化粧水にはエタノールなどの

皮膚に負担を掛ける成分がどうしても入っています。

使用するとヒリヒリしたり顔の脂が多くなりました。

 

 

そこで私は自分で作ってみることにします。

調べてみるとAmazonやドラッグストアで買える

尿素とグリセリンで作れることが分かりました!

作ったのはいいんですが本当に大丈夫なのかな?

と不安でした…

 

実際に使用してみると、

しっとりして使用感がとてもよかったのです!

顔だけでなく、身体全体にも使用できます。

それ以来私は自分で作ることで

皮膚トラブル無く節約にもなっています。

 

そもそも化粧水を使っていない方は

化粧水って必要?という方もいらっしゃるでしょう。

私も小学生まではそうでした…笑

化粧って必要なの?

化粧水の主な役割として、

・肌の潤いを保つ

・肌を柔軟にして潤いを浸透しやすくする

があります。

 

 

顔を洗わないのなら顔本来の脂によって

皮膚は潤いを保っています。

しかし、

私たちは石鹸など顔を洗うことで

顔を守っていた脂を落とします。

化粧水にて保湿する必要があります。

 

また、

化粧水によって肌を柔らかくすることで、

肌の中に潤いが浸透しやすくなります。

乳液の前に化粧するをつけるのは、

乳液の保湿成分を肌の中に届けるためです。

 

皮膚の乾燥は肌のシミなど、

様々なトラブルの原因となります。

化粧水だけでも使用することをお勧めします。

手作り無添加の化粧水の材料

手作り化粧水の材料は以下の通り

1.グリセリン

上のグリセリンはAmazonの商品です。

正直100mlも使い切れません。笑

私が近所の色んなお店や通販サイトをみましたが、

Amazonが一番安かったです。(ナースの長田調べ)

上の画像をクリックすれば買えますよ!

2.尿素

尿素が100g入りですが、

これも到底使い切れる量じゃないです。

買ったら長ーい間無くなりません。笑

こちらもAmazonで買うと安いです。

3.水

水道水で十分です。

こだわるようでしたら精製水を

ドラッグストアで購入しましょう!

4.容器

化粧水用の容器と

原液を入れるペットボトルなどを用意しましょう!

 

今まで使っていた化粧水の容器でも、

100円ショップで購入してもOKです!

手作り化粧水の作り方(原液)

まずは原液を作ります。

原液を薄めることで使用します。

 

用意するもの

・グリセリン…小さじ1(5mml)

・尿素…50g

・水道水…200ml

・容器…ペットボトルなど

 

1.空き容器に水と尿素を入れてよく振る!

 

 

2.尿素が溶けたらグリセリンを入れ、軽く振る!!

 

以上!!!笑

 

化粧水(原液)の使い方

使い方は2通りあります。

顔…原液を水で10倍に薄める

体…原液を水で5倍に薄める

 

 

 

防腐剤を使用していないため、

早めに使い切るようにしましょう!

 

さて、

ここで私たち初心者が思うこと。

「原液の方が効果あるんじゃない?」

という安価な考えがあります。笑

答え:やめてください。笑

 

グリセリンは吸水性があります。

つまりグリセリンが多いと

お肌の水分を吸ってしまうのです。

欲張ってはいけないのですね…笑

 

まとめ

・化粧水は洗顔するのならば必要なものである。

尿素グリセリンをAmazonで買えば作れる。

・市販の化粧水より格段に安くできて節約になる。

 

使用感は市販のものと変わらなかったです。

家族も使っていますが化粧水を入れ替えたことに

全く気が付かず使っていました。笑

 

保湿効果は実感しています。

しっとりとした肌になり皮膚トラブルもありません。

私のように肌の弱い方はぜひお試しください。

この化粧水を一生作り続けようと思っています。笑

 

もし分からないことがあればコメント欄に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です