男性看護師を1年して気づいた、ナースマンが得すること・メリット

どーも!新卒で訪問看護師になったナースの長田です。

学生である看護男子の利点・メリットは【男子必見】男の看護学生が得られるメリット3つでお伝えしました。

今回は男性看護師として働いて感じた利点・メリットは4つを紹介!

  • 看護学科の男子たち
  • 看護学科を志望する高校生
  • 看護師を目指す男性

こんな人のためにこの記事をお書きしました♪

1.男性看護師は出世しやすい

私は民間の施設(会社)に就職して、訪問看護師をしています。私の会社で男の社員は出世において有利であると確信しています。

病院とは違って”会社だから”ということもありますが。

こんなことを書くと「男女差別だ!ヒドい!」と言ってくるヒステリックな方に怒られてしまいます。

でも、優遇されているのは事実。

男は働き続けることができる

男性看護師は妊娠・出産が無いですよね。結婚をしても寿退社なんてすることがありません。

なので女性よりも男性の方が、長く働き続けることができる

年齢階級別入職率・離職率(男)

年齢階級別入職率・離職率(女)

出典:平成25年雇用動向調査結果の概況

こちらは平成25年の男女の離職率がわかるグラフです。すべての年代で女性より、男性の方が離職率が低いことが分かります。

私がもし社長だったら…

もし自分が社長だとします。

辞める確率が高い社員と辞める確率が低い社員、どちらに会社の大事なポジションを任せますか?

社員の能力差は別にして、会社は退職というリスクを考えて辞める確率が低い社員に仕事を任せるでしょう。

会社にとって大事なポジションの社員が突然いなくなるのは、会社側としてイタいですからね。

私だったら働き続けてくれる社員に大事なポジションを任せますね。

※出世=いいこと、とは限りませんよ。

男は野心がある

あくまでわたしの会社での話。

”仕事で成功したい”と目をギラギラさせている男性、あなたの周りにいませんか?

「よっしゃ!やったる!」という熱い若者はおっちゃん社長に気に入られるんですよねえ~

私の勤める会社では仕事熱心なドンドン男性は出世してますよ。

熱意は人(社長)のココロを動かすんです。

2.ナースマンは話題性がバツグン

女性グループに一人だけポツンと男が。男性看護師ってとても目立ちます

すぐに患者さんや医療スタッフから顔をおぼえられます。(名前は意外とおぼえてくれない)

可愛い看護師さんのオシリを追っかけていると、すぐにウワサされるからね!ナンパは職場で厳禁。

患者さん
看護師さん?!男の子で。めずらしい

看護師=女性というイメージ、ありますよね。

男の看護師というだけで意外という反応。患者さんやその家族にあいさつをすると、50%の確率で「なんで看護師になろうと思ったの?」と質問が飛んできます。

自己紹介として男性看護師という事実はとても役立ちますよ。

他の職種と間違われることも

私は訪問看護師なので利用者(患者)さんのお家に行き、点滴や注射をします。

訪問した時の話。

家族の人
病気について聞く必要あります?そんなことよりも早くリハビリをしてください。プンスカプンスカ
ナースの長田
(えっえっ。ちょっとまて。すげえリハビリを押してこられるんですけど。コワっ。)
家族の人
なにボーっとしてるの?リハビリの人でしょ?聴診器なんて使ってないでリハビリしてよ。
ナースの長田
あ…オレ、看護師で…す…。
家族の人
…。

リハビリを専門とするPT(理学療法士)やOT(作業療法士)に間違われていました…。

たまにドクターと勘違いされるときも。

在宅(病院の外)では職種が分かりにくい

私たちは病院の外で働いてるのでなおさら。会社ごとにユニフォームが違うんです。

会社ごとのユニフォームをいちいち覚えていられないので、初対面のスタッフの職種がさっぱり分かりません。

自己紹介をするときに職種を言わない人がいると「いや、お前何する人だよ。」と突っ込み入れたくなることもしばしば。

仕事中に自己紹介をするときは「看護師の長田です。」と職種を名乗って欲しい

ナースの長田
職種ごとにユニフォームを統一して欲しいね。

3.男性の患者さんに共感できる

”女性の患者さんNG”みたいな、男性看護師にはマイナスなイメージが強いですよね。

確かに恥ずかしいから、という理由で女性の患者さんから拒否されることはあります。

逆に男性こそのメリットもあるんです!

 

男性看護師は男性の患者さんと、女性にはできない話題で盛り上がることができます。

どんな話題かって?

女性・仕事・ギャンブルの話です。特に女性の話は超オススメ。

女性の話題

奥さんとの馴れ初め、それぐらいなら女性の看護師でも話しますよね。

男同士で話すことができる話題といえば、過去の女遊び・好きな女性のタイプ

「は?フザケてんの?」と思った人もいることでしょう。

女遊びと好きな女性のタイプは、若い患者さん(65歳以下)との話題で外せない、といってもいいですねえ。

何フェチですか?」から始まり、お尻の形について10分語り合うぐらい話が盛り上がりました(笑)

ちなみに私はお尻・脚フェチです。よろしくどうぞ。

好きな女性のタイプがわたしと同じだと、いっきに距離が縮まります。

病気になったからって患者さんは、病気やツラい治療について話したいワケが無いですよね。友人と居酒屋で話しているような、どうでもいい話もしたいはず。

過去の女遊びをしていた話で盛り上がることで、男の患者さんとの距離感がグーンと縮まります

初対面の人に「俺は病気になる前は彼女が3人いた。」なんて言いませんからね(笑)

普段は告白しないような話を共有することで、2人だけのヒミツができます。

「自分の過去を話したコイツになら…」と患者さんの本音を聞くことができますよ!

4.女性看護師に好かれる

やはり”異性”という武器は強かった…!

わたしたち男性陣が若い女の子を好きなように、女性も若い男の子が好きなのですよ。

自分でいうのもなんですが…

年配のお局ナースに、わたしたち男性看護師はとっても可愛がられます(笑)

特に息子がいるお局ナースには、効果バツグン!

男性看護師がどんな失敗しても”カワイイ”という魔法のコトバで解決されます。自分の子供みたく、可愛いのだとか…

あんまり調子に乗ると、怒られるので注意ですがね。

女性を褒めるスキルを身に着けるべし

女社会では女性を上手く褒めるスキルは必須です。

「パーマかけたんですね。〇〇さん似合ってますよ。」と言えれば100点。

褒めるのが苦手なら、せめて”変化に気づいていること”を女性に伝えましょう。

  • 「あ、前髪切ったんですね。」
  • 「髪の毛、染めました?」
  • 「最近ヤセました?」
  • 「今日はコンタクトなんですね。」

こんな一言だけで「あ、気付いてくれたんだ。」と嬉しくなっちゃいます。

異性(オトコ)に言われると嬉しさ2倍。

医療スタッフからも好かれる男性看護師になりましょう。

女性を褒めるのが上手になると、マジで女性の医療スタッフの態度が変わりますよ?

男性看護師は有利だった

男性看護師を1年して気づいた、ナースマンが得すること・メリット

  1. 出世が有利
  2. 話題性がバツグン
  3. 男性の患者さんに共感できる
  4. お局ナースに好かれる

女社会の看護師業界。男だから…と弱気になる必要はありません。むしろ男という事実は武器になります。

男こそ、サクっと看護師になるべし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です